〜就職活動〜

紳士・淑女の皆様、こんばんわ!
女性とデートすることが生き甲斐でもある大阪のプレイボーイサラリーマンが今夜も元気にブログを更新!

今年のある時期、イククルで知り合った女子大生とデートをしました。

彼女は大学3回生で就職活動中でした。

土曜なのに面接や企業説明会にせっせと足を運ぶ彼女。
大学生の就職活動は僕も経験ありますが、説明会や面接会場で知り合った男女がセックスに発展するということはよくあります。

メール友達からスタートし写メール交換をしました。

就職活動のアドバイスや「落ちても諦めることなく企業にエントリーし続けましょう!」とせっせと励ましました。

なかなか内定はとれないもの。

そんなこんなでとある土曜日の夕方、就職活動帰りの彼女と会うことになりました。

就活帰り途中に下車をして僕の最寄り駅で彼女と会うことになりました。

彼女はリクルートスーツで現れました。
そのまま居酒屋に行き乾杯!

最寄駅まで来てもらえれば、次は自宅。
僕の経験上、ラブホテルまで一緒に行けば9割はHな関係を築ける。

が、

ラブホに誘うのは難易度が高い。

我が家ならラブホに誘うより敷居が低いが、自宅に来てもHな関係を築ける確率は7割。
自宅に来る=セックスではないのです。

居酒屋では彼女のエントリーシートを見せてもらい添削。
女子大生が書く自己PRはまだまだだ。

抽象論が多いというか、より踏み込んで具体的に志望動機などを書かないと面接官の目には止まらない。

ぽっくんもサラリーマンになって修羅場を何度もくぐっており、文章を書く機会なども多いので社会人としての目線で彼女を応援する。

その真摯な態度に彼女はお酒も回り、好意が向いてくるのが分かった。

どうしても今夜、彼女のリクルートスーツを脱がせたい。。

どうしても今夜、彼女のパンティーストッキングを脱がせたい。。

それがぽっくんの夢なんだ!




冷静に「ペーシング」を巧みに使い、彼女と距離を詰める。

それすなわち、相手のペースに合わせること。
話し方のスピードや声の大きさ、会話の「間」の取り方。

相手が早口に話す民なら早口で対応し、のんびり話す民にはのんびりと話す。

すると相手は、

「この人とは何か分からないけどフィーリングが合うな。一緒にいて心地よい!」

と思うのです。

フィーリングなんて合うものではなく、創りあげるものなのです。
これは営業マンの基本です。



そんなこんなでお腹も膨れ、お酒も回りつつありました。

そして会計を済ませ、一緒に外へ出ました。


つづく


彼女と知り合ったサイトはココです。

「ピュア掲示板」⇒「地域メル友」で知り合いました。







プロフィール

プレサラ

Author:プレサラ
大阪在住のサラリーマンです。
日々、もてる男になりたいと研究中です。
デートで職場で合コンで!性生活も赤裸々につづっています。
どうぞよろしくお願いします!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR