スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~スーツ~


合コンや社内の男性から、「オナニーする?」と問われると、「せーへんわ!」と答えるウソツキな淑女の皆様、

こんばんわ!

身だしなみ&清潔感には非常に気をつけているのでもてる大阪のプレイボーイサラリーマンが今夜も元気にブログを更新!

日曜の夜、皆様はいかがお過ごしでしょうか?



先月ココで知り合ったキャリアウーマンとの関係を書きたいと思います。

そう、彼女は大卒で総合職。
趣味はワインとチーズ、そしてゴルフ。

関東の有名私大卒の28才の彼女は、遊びに仕事に忙しいそうだ。
合コンや恋話、休みの日はヨガに行くそうだ。彼氏いない歴、半年。結婚願望有り。

そんな彼女とぽっくんは平日の仕事帰り、1度顔合わせということで、梅田で待ち合わせて居酒屋に。

スーツ姿はそそる。
パンツスーツはそそる。

そう、

男性も女性もスーツフェチの民は多い。

それを着こなすためにジム通いをぽっくんはしています。
ちなみにスーツはたくさん持っています。ブランド物(定価3~5万円ですが、それをアウトレットで安く手に入れるのが買い物上手。半額以下で手に入れます。)

居酒屋での話題は、仕事や恋話。

上司との人間関係より、部下や後輩との関係が難しいなど、人間関係や仕事の話に花が咲く。
彼女は、ぽっくんの相槌に気を良くし酒を飲みながら楽しそうに話してくれた。

相談にのり、たわいもない話を聞き、信頼関係を築いていく。仲良くなるために。

「この民のクリトリスを舐めたいなぁ^o^」と思いながら酒を飲む。
そして1回目のデートは2時間くらいで終了。シモネタも言わない。

これが大切。
遊び人と思われないように忍者のように心に忍びこむ。



そして、数週間後の金曜日、再び梅田に集合。
お互いスーツ姿。彼女はまた違うスーツ姿を披露してくれました。

パンツスーツのおしりの丸みを見ると、それをわしづかみしたいが、それはいけない。もてません。

ワインとパスタを楽しみ、二次会のバーへ移動。

4時間くらい酒や会話を楽しんだだろうか。
二人はほろ酔い。そして終電の時間。

「時間大丈夫?俺はもう少し一緒にいたいし、もう1件行きたいな。終電終わったらタクシー代払うよ。どうする?」

という緊張の時間帯。終電を逃す=セックスOK というサインなのだ。だが紳士なぽっくんは、相手の意思を最大限に尊重し、逃げ道を与えながら口説くと言う超紳士的なスタイル。


「私、明日休みやし、時間大丈夫^^!もう1件いこう!」

という返事をもらう。
この瞬間、今夜彼女のパンツスーツとストッキングをおろし、彼女のクリトリスを舐めようと決意しました。

そして、また違うバーへ。



深夜1時すぎ、タクシーで我が家へ向かっていました。
コンビニよって化粧落としやら歯ブラシを買ってあげました。

深夜、女性と帰宅しマンションに連れ込む。

ほろ酔いで彼女は、

「おじゃましまーす^^」

といってパンプスを玄関でぬぐ。
この瞬間、富士山でいう8合目まで来たことを核心する。

しかし2合目からが険しい。

キスをしようとすると「私、そんなつもりやなかった!」と帰宅する女性もいるのである。(富士山登ったことないけど)

コートとスーツの上着をかけてあげました。そして部屋を暖める。

二人で缶ビールで乾杯。
一週間の疲れを癒しながら会話をしあう。



2時くらいになりテレビをソファに座ってみていると、俺は彼女の手を触った。
逃げる様子もなく、握り返してくる。

そして彼女を抱きよせ、耳を軽く舐めると、

「あ…ぁん」

と彼女は喘いだ。

その言葉と共に股間は濡れているに違いない。

耳の穴付近は性感帯な女性は多い。

舌をゆっくり耳付近に這わす。

そして彼女の口にキスをする。
彼女は嫌がる素振りもなく、キスを受け入れてくれた。いい香りがする。

そして舌を絡めあう。
唾液を絡めあう。

彼女の舌を舌で舐めあう。
細みのスーツのズボンからぽっくんのマッスルスティックは、天を指さしていた。

「ベットに行こ^^」

「うん…」

そしてベット付近でスーツやカッターシャツを脱ぎ、全裸になりベットイン。

ぽっくんは彼女のCカップの胸の先にある乳首にむしゃぶりつく。

「あ…あぁ」

彼女は大きな声を出す。

指で股間を触ると予想通り指がするっと彼女の体内に入る。

「あん!はん!」

と彼女は身体を反った。

そして部屋の電気を消し、(これはセックスに集中するため)彼女の股間にむしゃぶりつく。

陰毛をかきわけ、クリトリスを舌の先で刺激する。

愛液独特の味と、股間の汗の匂いが俺をより興奮させた。

しばらくクリトリスを舐めていると、彼女は身体を痙攣させるとともに、

「やめて!いきそう!イクー!」

と大きな声をあげた。

しかし、俺は彼女の足を強くおさえつけ、クンニリングを辞めなかった。

もっと昇天してほしかったからだ。

しばらくすると暗闇の中で、彼女は俺の棒を握りしめ、フェラチオを一生懸命し始めた。
気持ちよくても、ここでいくわけにはいかない。

まだ合体していないからだ。

そして、ゴムをつけようともせず、彼女は自分の股間に俺のマッスルスティックをようとした。

拒むこともできたが、俺は彼女の意思尊重し、ゴムをつけずに一緒になった。

体内の筋肉が俺のスティックを締め付ける。優しく。

そして彼女は騎乗の体位で腰を動かしはじめる。

彼女と抱き合い、呼吸を感じる。
俺は耳元でささやいた。

「俺、お前のこと好きやねんけど、よかったら彼氏になってもいい?」

「ハァハァ…。私でいい…の?ァ…」

と言いながら抱き合う。

そして俺は腰を突きあげながら、何度も彼女の子宮内部を突く。

「あ…またイキソウ!気持ちいい!」と彼女は叫んだ。

俺もいきそうになったので、いったんペニスを抜き、正常位へ。

彼女は大開脚をし、俺は彼女の腹の上に大量の精子を出した。

そして一緒にシャワーを浴び、一緒に深い眠りについた。



翌朝、昼前に一緒に起き、またまたセックスをし、シャワーを浴び土曜の午後に近くのオシャレでうまい喫茶店でランチをし、駅まで送った。

今でも、セックスを楽しむ関係にある。

彼女は俺の彼女なのだ。
彼女とはわくわくメールで知り合いました。オススメは「ピュア掲示板」⇒「友達・恋人募集」



今でも彼女とは仲良くやっているが、他の女ももちろん狙っています。
彼女はそのサイトを退会していた。

嬉しかった。

先週、俺と彼女は上手い焼肉屋に一緒に行き、サラダや肉を堪能し、彼女の家に行きセックスした。

出会い系サイト、クラブ、ストリート、お見合いパーティー、結婚相談所、社内、バ―。

男性と女性は磁石のように出逢いを探す生物なのです。

セックスをしましょう。
それが精神衛生上、良いことづくめなのです。




明日は月曜日。
もうすぐ4月ですね。

新年度を制しましょう。

それがもてる基本です。


スポンサーサイト
プロフィール

プレサラ

Author:プレサラ
大阪在住のサラリーマンです。
日々、もてる男になりたいと研究中です。
デートで職場で合コンで!性生活も赤裸々につづっています。
どうぞよろしくお願いします!

フリーエリア
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。